認知症ケアの基本

認知症ケアをどのようにすれば良いかは、認知症の進行の度合いによって大きく異なります。ただしどの段階においても、病院に通院させ常に医師に正しい判断を仰ぐことは基本中の基本となります。

 

認知症初期では症状の進行を抑える薬の服用によりあまり苦痛無く認知症と付き合っていくことも可能になります。ですから病院に行くことはどの段階においても第一に考えるべきです。

 

認知症初期では、本人が自分に認知能力に問題が発生していることを認めたがらない場合が多いです。

 

特に認知症患者の勘違いにより物を盗んだ盗まないなどのトラブルが発生したとき、家族が一斉になって患者を責め立てると言う自体が発生しがちですが、言うまでも無くこの対応は最悪です。

 

認知症患者は自身が記憶を失っていることに確証を得られてはいませんが、周りの反応などもあり何となく違和感は覚える物です。そのため自身の知力・記憶力や、ひいては人生そのものに漠然とした不安を抱えることが少なくありません。

 

そんな中、唯一頼れるはずの家族から総攻撃を受けるような形となったとき、認知症患者の心中は察するに余りあります。

 

認知症の進行を和らげると言う点においても、患者の不安を軽減することは必須です。ですから、いざトラブルが起きてから困ったり怒りにまかせた言動を行わなくて済むように認知症によくあるトラブルはあらかじめ抑えておく必要があります。

 

そして仮に理屈に合わないような言動を行われても、認知症だから仕方ないと余裕を持った対応をすることが重要です。